PAGE TOP

考えられる脱毛の手法

TOPPAGE > ムダ毛で一番気にするのはわきの下のムダ毛です。多くの女性

ムダ毛で一番気にするのはわきの下のムダ毛で

ムダ毛で一番気にするのはわきの下のムダ毛です。多くの女性から脇を脱毛するのは痛い?といった内容の質問が届いています。間ちがいなく脇は体の中でも敏感な部位だといっていいでしょう。痛みを感じる強さには個人差があるものですし、やさしい抑毛方法による痛みの差もあります。

たとえば、世間で名高い光ワキ毛を抜くなら割と痛みが軽いと聴きます。

光ワキ毛を抜くを受け終わった時に冷たいジェルなどで、肌をクールダウンしてはくれますが、その日は少し赤いものが出てくるケースがあります。
特に施術した時節が夏の時は赤みが出る場合が多いように思われます。


そのような場合は自分で冷えたタオルでクールダウンしたりして赤みが出ないようにしています。

ワキ毛を抜くサロンで受けられる施術はあまり効果を感じられないと言う意見を耳にすることもありますが、実のところサロンで1回、2回の施術を受けたくらいでびっくりするような良い結果を得られる、ということはないのです。



少なくとも3回は通って施術を受けてからワキ毛を抜くの効果をはっきりしることができ立というパターンが多いようで、要するに時間がかかるのです。それに加え、気分のよい除毛サロンのお店でそれぞれ施術用の機器もちがうでしょうから、効果にも当然差が出るものと思われます。気分のよい除毛エステのお店でアトピーを持っている人がやさしい抑毛できるのかどうかというと、お店によりますが、受けられなかったり、医師の同意書を提出するよう要請されることもあります。
容易に目で確認可能だほど酷く荒れているなど明らかな炎症が起こっていれば、気分のよい除毛はできませんし、するべきではありません。また、強弱に関わらずステロイドを使用している場合、炎症を起こす例も見られますので、気を付けてちょーだい。
一時期、永久脱毛をするのは大変痛いといわれていたものですが、それはワキ毛を抜く機器の種類によっても異なるのではないかと思います。
私が現在、通っている永久やさしい抑毛は痛みはありません。施術を受けると、一瞬だけ、チクリとしますが、一瞬のことなので、痛いというほどのものではないです。



ムダ毛を直接抜くという人法は、手間がかかることに加え肌のトラブルも多い方法です。ムダ毛を抜くことを続けていると、いつの間にか皮膚が硬くなってしまい、黒ずみがひどくなった状態になる可能性があります。

結局、毛根を切ってることと同じなので、その部分に雑菌が入ることによって感染症を引き起こすということもあります。
やさしい抑毛サロンで勧誘された際の返答の仕方は、きちんと断ることが大切です。心のゆれをみせたり、返事をきちんとしないでいると、頻繁に勧誘を受けるかもしれません。あの辺もしごとですので、期待できそうだったら強引にきます。でも、以前のような執拗な勧誘はできなくなっているんですねから、本人の意思に反して、契約指せられることはありません。


ニードルやさしい抑毛には、確実な永久気分のよい除毛効果があるのですが、ニードルを通じ、毛根に電流を流す方法ですから、ニードルを刺す毛根部分は軽症の火傷の状態になったりします。
ですので、処置の後は脱毛部分が赤くなってしまい、軽い痛みを伴うことがあります。そんな火傷による炎症症状を抑えるため、冷却や保湿などの処置が大切なのです。ワキ毛を抜くするのに際して気になってしまうのが、やさしい抑毛にかかる値段です。



医療気分のよい除毛は高額だと評判ですが、エステやさしい抑毛より値段が高いです。
一般的に医療やさしい抑毛のケースではエステやさしい抑毛の2倍〜3倍程度かかるでしょう。

ただ、医療やさしい抑毛は高額である分、安全性と脱毛効果に関して優れているという点にメリットがあります。
1年と数カ月通院して永久気分のよい除毛コースを完了しました。

短くても、1年は見込んでおくように言われていたので、投げださないようにしていましたが、いつも会社帰りに通うのは、一苦労でした。とはいえ、その効果には大満足です。繁忙期で行くことができない時には、別の日に変更していただけて、追加料金もなしで安心して利用できるお店だったので、ここを選んで正解でした。
ニードル脱毛法はもっとも確実なムダ毛の永久やさしい抑毛法となります。一つ一つの毛穴にニードルを差し込んで電気をとおすことで毛根を焼き切るので、けっこうな痛みがあるので敬遠される方も多くいるようです。
脱毛を要望する場所にもよりますが、一本一本の処理となるので、レーザーやさしい抑毛などと比較すると長時間かかり、通う回数が多くなってしまいます。
ムダ毛の自己処理ですが、イマイチなところがたくさんあるのです。カミソリでやれば意外と楽ですが、、週に何回も剃らなければ、後、剃っても剃っても、ムダ毛が生えてくるため、処理が面倒くさいのです。


それに、カミソリの刃により肌に傷をつけてしまう時もあります。


肌の丈夫でない方は、カミソリ負けをしてしまって肌に悪いです。


やさしい抑毛サロンに行くときに自己処理してきてちょーだいと言われた時には、電気シェーバーで行なうのがいいでしょう。電気シェーバーを使って処理するとカミソリよりも肌への負担が少なくて済むので、炎症が起こっていて当日の施術が出来ずに帰ることになるということが無くて済むでしょう。

電動シェーバーを持っていないなどで、他の方法で無駄毛処理を行なうとするなら、肌への負担を減らすため予約の前日ではなく、数日前までにムダ毛を剃っておいた方がいいでしょう。



ミュゼのワキ毛を抜くに行きました。
エステサロンの脱毛は初体験で、どんな感じになるのか期待と不安がありましたが、何事も経験と思って挑戦してみることにしたんです。


入ってみると清潔感があって綺麗な店内で、受付の方も行き届いていてふ〜。

。って感じです。。まだコースはしゅうりょうしていませんが、以前より毛が生えにくくなっているんですね。
Copyright (C) 2014 考えられる脱毛の手法 All Rights Reserved.